HOME>特集>ゲームは一人で作ることも会社で作ることも可能

目次

道はさまざまある

ゲーム製作

ゲームクリエイターになるには、自分だけで頑張る方法と会社に入ってプロジェクトとして関わる方法があります。自由度やゲームの規模が異なるので、それぞれの特徴を知ったうえで、どちらを利用すればよいか判断しましょう。

家庭でもゲームは作れる

自分で頑張ってゲームクリエイターになるには、とにかく作品を作り続ければよいだけです。現在では、家庭でもゲームを作れる環境が揃うので、自分一人だけで作ることも可能です。もしも、ゲームのプログラミングの勉強をしたいというのなら、専門学校などに通って教わることも考えましょう。その場合は、ゲームを動かすために特化したプログラミンを学ぶのもよいですし、コンピューター全般で利用ができるプログラミングを習うのもよいです。

ゲーム会社に入りたいなら専門学校へ

ゲーム会社に入ってゲームクリエイターになるには、一番の近道は専門学校に通うことだといえます。専門学校によってはゲームクリエイター科があるので、そちらに通うことで知識や技術を学べるためゲーム会社に入りやすくなります。就職率がとても高いサポートがある専門学校に入学すれば、そこはゲーム会社に太いパイプがあるということなので、よりゲームクリエイターに近づけるでしょう。

広告募集中