なぜ人気があるのか

原稿用紙

近年、専門分野を備えた高校が増えてきています。そのうちの一つがイラスト学科と呼ばれるところです。イラスト学科では、様々なイラストを学ぶことができますが、なぜ人気があるのでしょうか。人気の理由の一つは、単純にアニメなどが流行しているからです。日本はアニメの文化が根付いた国として有名で、これは日本国内でも当然認知されています。特に若い人をはじめとして多くの人に親しまれていますが、感性豊かな中学生ぐらいの年齢になるとその良さが少しずつわかってきます。感動したアニメがあれば、自分も将来アニメを描いてみたいあるいはイラスト描いてみたいと感じる人もいるでしょう。このような背景があり、専門分野に人気が集まっています。もう一つは、将来就職するときにも有利なことです。将来のことを考えると、未知数の部分はありますが、中学生ぐらいならばまず身近に興味を持ったものをスタートするのがよいでしょう。もし、イラストに興味があればその道に進むのも一つの方法と言えます。高校も、比較的就職に有利なところもあります。特に私立高校で専門分野に力を入れているところは企業とのパイプもしっかりしており、就職率も90パーセントを超えるところが多いといえるでしょう。それ以外にも、才能を開花させたいため早い段階で勉強をしようと考えている人がいます。いずれにしても、自分の能力を試すためにはよい機会といえます。

どのような仕組みになっているか

デザイナー

学校の仕組みとしては、基本的なイラストに関する勉強をしていきます。ただ、専門学校ではないため、主要科目の勉強をしなければいけません。例えば、高校卒業時に必要な国語や英語、そして数学などの科目も学んでいくことになります。このように考えれば、通常の普通科の勉強に加えて、専門科目がくっついたような感じになりますが、専門家科目の方が多い学校もあるぐらいです。結果的に、多くの人が専門的な知識を身につけることができるでしょう。受験の仕組みですが、これに関しては普通の高校と同じようにテストと面接が行われます。ただ、学力はそこまで重要ではないとしている高校が多いです。どちらかといえば、志望動機や面接の内容で入学が決まることがあるでしょう。学力に関しては、最低限のレベルさえクリアしておけば問題ありません。それよりも、どのような理由で専門分野に進みたいかを明確にしておくことが重要です。そして、熱い気持ちを伝えることで合格に結び付くでしょう。

広告募集中